自動車保険見積もりで最大1,111ポイント
 

シエンタ 自動車保険 保険料

シエンタの自動車保険の保険料ですが、安く済ませるにはどこの損保会社で自動車保険に加入するかが一番のポイントになります。

単純に安いのがよければ、ネットで加入できる直販の通販型の保険が一番安くなります。反対に、ディーラーなどで加入できる、代理店を通して契約する保険は保険料だけで見ればかなり割高になるはずです。

実際の保険料の比較は、このような無料見積もりサービスを使うとよくわかると思います。

【最大1,111ポイント】楽天の自動車保険一括見積もり

ただ、保険料が安いということは、少なからずデメリットがあることも事前に知っておいてほしいと思います。

トヨタ シエンタ 自動車保険

ネットの直販の通販型の自動車保険。ディーラーで加入する大手損保会社の保険との、わたしが考えるデメリットをいくつか紹介したいと思います。

・補償内容を自分で決めなければならない

自動車保険の補償内容ですが、ご自身がどんな補償内容で保険に加入しているか、把握できている方は少ないのではないでしょうか。通販型の保険で怖いのは、本当は自分に必要な補償でも、申し込みの際に安易に外してしまう可能性があるところです。ディーラーで加入する際は、セールスマンがそのまま保険についても説明してくれます。ちゃんと知識のあるセールスマンであれば、保険料だけでなく補償内容を考えた上で、特約などの提案をしてくれるはずです。

・事故の際に相談できる相手が保険会社だけになる

ディーラーなどの代理店で保険に入った場合、事故を起こしてしまった際の諸問題にセールスマンなども保険会社との間に入ってアドバイスをしてくれるはずです。もちろん、通販型の保険でも保険会社の事故担当も対応してくれますが、顔の知っている相手が間に入ってくれるのは何かと安心だと思います。また、車の修理等についても相談できたりするのもメリットです。

 

いかかでしょうか。一応通販型の自動車保険と通常のディーラーで入る保険を比べてみましたが、それを補って余りあるくらい保険料が安くなるのも事実です。また、ディーラーのセールスの中には自動車保険の知識がほとんど無いような方も残念ながらいらっしゃるので、だったら保険料が安い通販方が良いという考え方もあります。

シエンタの自動車保険をどうするか決める際の判断材料になれば幸いです。

© 2016 シエンタ 値引き rss